de coupures

アクセスカウンタ

zoom RSS 高橋尚子さんのように・・・小出監督の「せっかく」論

<<   作成日時 : 2006/09/10 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

眠りの浅い夏が過ぎ、やっと深い眠りが経験できるようになったのですが、
今朝方、3時に目が覚めてしまい、その後また眠れなくなりました。

Qちゃんこと、高橋尚子選手の監督だった小出監督の著書の中で
「せっかく」論を打ち出していらっしゃっていて、
とてもプラス思考なので、以来自分のライフスタイルにも取り入れています。

それによると、外側から見たらマイナス的な内容でも
「せっかく〜なんだから」と現状を受け入れた上で、プラスに発想を転換するのです。
たとえば、けがしてしまっても
「けがしたので〜できない」ではなく、
「せっかく、けがしたんだからこの時間を有意義に休んで次に向かおう」とか
日々の暮らしの中で、小さなことでもいろいろ取り入れられると思います。

自分の身の上に降りかかっているいろいろなことは、
自分が処理できるから与えられたミッションなのだとも考えられるようになりました。
仕事やプライベートの人間関係においても
いろいろ悩み事がある時期もありますが、
2年前よりも今、昨日より今日、どんどん自分が強くなっている気がします。
日々小さいですが成長していると、時々「自分を褒めてあげます」。
あ、これは有森裕子さんの台詞ですね。

それで今朝は、「せっかく3時に目が覚めたので」
フランス語を勉強しました。
でも、悲しいほどスグに眠くなってしまったのですが。








君ならできる (幻冬舎文庫)
君ならできる (幻冬舎文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高橋尚子さんのように・・・小出監督の「せっかく」論 de coupures/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる