de coupures

アクセスカウンタ

zoom RSS こんな日もあります・・・。

<<   作成日時 : 2007/03/22 11:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

このブログでは、決して嘘や誇張はしないと決めています。
ありのままの私が、そのままを書くように。
でないと、私が私でなくなってしまうので。

昨日は、子どもと3人で出かけました。
前から約束していたので、子どもたちは大喜び。
私も久々に心ものんびりできてとても気持ちが良かったのです。
・・・家に帰るまでは。

家に帰って、お風呂に入り
現地で転んでしまった長女・うっきー(小4)のケガに
消毒と化膿留めを塗ろうとした時に
うっきーがひどく抵抗して(しみるから)
逃げるのですが、それをつけないと着替えたパジャマに膿みが
着いて固まって、還って痛くなってしまうのがわかっていたので
こちらも意地になってつけようとしてしまいました。

そこからうっきーの機嫌が悪くなり、そのまま夕飯の時は
洗った髪の毛の下からのぞき込むような恐ろしい姿で
食事にも手をつけません。
そのまま皆が食事するまで、ずっと同じ姿だったので
こちらも、食事をさげてしまいました。

それからです。
台所に行って冷蔵庫や食器棚を蹴る、蹴る・・・。

その態度に頭に来た私は、お尻と股をペシっとやりました。
それで、さらもがエスカレートしてきて、頭とお腹を外して、
うっきーをばこばこ叩きました。(最後に、そばにあった新聞で頭も
べん、とやってしまったのですが)

次女と同居している母は別の部屋に逃げてしまい
本当に、「これって、虐待?」と
自分でも感情的にやっていることに気づき、
客観的になれたので、少しクールになるようにしました。

それから、まだ感情が昂っているうっきーに努めて静かに語るようにし
少しずつ話を聞き出しました。
すると、とっても小さなことでお互いの行き違いがあり、
それをうっきーの口から聞いた時には、私も涙が止まらなくなり
二人で、わーわー泣いてお互いにあやまり合って終わりました。

後から主人か帰ってきた時には、うっきーも笑顔で昼間の報告が
できるくらいになりました。

本当に、こんな時に自分の幼さに気づかされます。
大人だ、親だ、なんて思っていても、ちっともダメで・・・。

子どもに、「相手の気持ちになって」なんて言っている自分が本当に
恥ずかしいです。

昼間楽しかっただけに、後味の悪いものになってしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はちゃぷさん、仲直りできてよかったですね。親は子供にとって壁として振舞わなければならないので、時々つらいですね。でも、将来きっと子供さんは、そうまでして何かを教えようとした親のありがたみが分かるはずです。
(エラソーなこと言ってすみません。)
るもんが
URL
2007/03/23 01:47
★るもんがさん、ありがとうございます!
全然「エラソー」なことなどないです。
るもんがさんが、語学学習のことでなくコメント寄せてくださったということもとても嬉しいですし、頂いた言葉のひとつひとつが身に染みました。
(私のことなので、長くは引っ張らないですが)落ち込みがひどかったので、また救っていただきました。
本当に、語学と言い、なんとお礼を言ったらよいものか。
こんなにチープな言葉しか書けない自分も悲しいですが、本当に嬉しいです。
はちゃぷ
2007/03/23 13:19
娘さんのケガ、その後回復はいかがでしょうか?
確かに、子供の頃って、飲み薬だけでなく、つけ薬もシミるし痛いし、イヤがる気持ちはわかりますね〜。
はちゃぷさんが娘さんになさった行動は、虐待というものでは全くありません。
娘さんだって、家具を蹴るなど、やってはいけないことをやってしまったのですし、ある程度痛い目に遭わせないとわからないことだってあると思います。
すぐに仲直りできたことは、さすが親子ならではの心の通じ合いだと思います。
家族だからこそ、いつもいつもいい顔ばかりしていられないし、たまには思いきりぶつかって、それでこそ愛情の深さをお互いにわかり合うコミュニケーションを大切にしていけたらいいですね。
・・・って、子供を生んでいない私が書くのは違反かもしれませんが・・・(^^ゞ


tanuki
2007/03/23 20:03
★tanukiさん、ありがとうございます。
「違反」なことなどありません!
存在している限り、みんな誰かの子どもなんですもの。どういう巡り合わせか、夫婦以外の家族は選べませんものね。
なんとなく、私自身の中では子供は自分と同じ考えだと思っていた悪いフシがありました。だから娘たちの人格も無視して、「きっと私と同じに違いない」と・・・。これが家族に対する甘えなのだと最近気づきました。近ければ近いほど、気づかないで
いる部分があるのだと・・・。
でも、このことに気づいたのは、tanukiさんのホワイトデーのお母様のお話からなんですよ!!
本当に、本当にありがとうございます。
はちゃぷ
2007/03/24 18:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
こんな日もあります・・・。 de coupures/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる