de coupures

アクセスカウンタ

zoom RSS 今さらながら・・・

<<   作成日時 : 2007/07/22 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

パソコンを使って、
日記を書く(本ブログ)という行為をしている私が言うのも
なんですが、近頃とっても気になることがあります。

子供の(特に下の娘の保育園)活動にもパソコンやEメールが
主流になっているということです。

「何を今さら」と思われますか?

具体的には、連絡網や回覧板です。
ここ数年、形は違うけれども何かと役員をやる機会があり
いろんな場で書類を作ったりするのですが
そこでよく聞かれるのが「パソコンが使えないから」という言葉なんです。
少し前なら回覧作るのに「字が汚いから・・・」というのが
お決まりの断り文句だったような?

前置きが長くなりましたが、確かに仕事しているとメールでの連絡網は
時間を気にせず、しかも次に回す手間もないのでとてもいいのですが、
それゆえに、言葉ひとつひとつとても悩みます。
その後の人は、コピペ送信で内容もあまり読まなかったりしていることも
ある様なんですが・・・。

電話や実際に会って話をすれば、声や顔の表情で
相手の言わんとすることや、こちらの思惑の伝わ方も確認できるのですが
一方的なEメールだとどうなのでしょうか?
手紙も同じく一方的なのに、Eメールと違うのはどうしてなんでしょう?

中には集まりをやめてチャットで・・・というご提案もあり
少し困惑しているところです。

私自身何度かメールで失敗したことがあり、極力「会話」の場を
多くしないといけないというのが本音です。

子供の世界にもそれが現れています。
習い事の関係で携帯を持たせた長女は、先々月10,000円の電話代を
記録しました。
私も仕事と私用で使っているのに、3000円弱です。
でも、いくら以上使うとそれ以上使えない・・・というシステムを使うのではなく
自分で気をつけて、セーブするように話合いました。
何をそんなに使っているのかと思えば、絵文字を乱用したメールを
送っていたのでした。(でも、キャリアの違うお友達には「=」になって届いてた)
信じられないケタのパケットに驚いてしまいました。
その内容は「明日会って話せる」ことがほとんどでしたが・・・。

また中学生のお子さんのいる友人は携帯で直接連絡しているから
自分の子供が、どんなお友達とつきあっているのか
自分の子供の口から聞く以外の情報がない・・・ということでした。

Eメールもパソコンも早くて便利なので、利用しな手はないと
思うのですが、その早さゆえに自分でも想像できないところで
意外な展開になってしまうことがあるように思うのです。

そんなに、なんでもかんでも早く答えを出さなきゃならないのかしら?

こうやってブログを書くということも、私の言葉で誰かが傷ついたり
嫌な思いをされていないか、改めて気をつけないといけませんね。

交換日記や、後ろに親を感じながらドキドキの電話をするなんてこと
これからの子供にはないのかしら〜?
メールや、ネットのその先に「人」がいることを
もう一度伝えていかなきゃなあと、自分自身失敗しながら思うのです・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
はちゃぷさん、よくぞおっしゃいました!

IT社会の片棒を担いでいる私が言うのもナンですが、インターネットやIT技術というものは、いわば赤ん坊に原子爆弾のスイッチをもてあそばさせるような危うさがありますね。

大きな力には大きな責任が伴うと思います。グレムリンのおじいさんが言った「You are not ready.(お前たちにはまだ早い/扱うのは無理だ)」という言葉を思い出します。(最近はソフトバンクの犬が言ってるみたいですが)
るもんが
URL
2007/07/25 01:03
こんにちは。
ネット社会の功罪・・・すごくわかります。
便利さと素っ気無さは紙一重・・・という気がします。
私は、携帯メールだけは絶対しない主義です。

今、目の前にいる人よりも、携帯の向こう側にいる友人のほうが大事、という気持ちになっている人のなんと多いことか。
連絡の手段として使う分には、ネットはとても便利なものですが、内容が重要になってくると、やっぱり直接人と人とが会って話をすることがいちばん大切ではないだろうか、と思うのです。
みんな必要以上に気を使ったり傷付きたくなかったり、そういう気持ちが大きすぎて、メールなら何時間やりとりしていても平気なのに、目と目を合わせて話し合うことは避けたがる・・・そんな世の中の動きには「?」です。
子育て世代の人たちにそういう姿勢が多ければ、当然子供たちにもその影響がダイレクトに及んでしまいそうですね。
人と直接会って話をすることの大切さは、次世代に伝えていかないといけないですね。
って、子供のいない私が言うのもエラソーですが・・・
tanuki
2007/07/25 17:17
★るもんがさんも、お感じになっているのですね?
本当に、赤ん坊に与えられてしまったのかもしれません。こうしてお会いしたこともないるもんがさんにいろいろ教えていただいたりできるという、メリットもあるので全面否定はできないのですが、時々機械の先の「人」を感じられないことがあるのです。
本当に、グレムリンのおじさんの言葉(思い出すのにしばし時間がかかりました/笑)のように、間違った使い方をしないように
心してかからなければいけないですね。
はちゃぷ
2007/07/26 02:29
★tanukiさん、娘をしばらく入隊させてもいいですか?(爆)
>私は、携帯メールだけは絶対しない主義です。
というのが、潔くってtanukiさんらしいです!
tanukiさんのサイトに伺うとそういったトーン&マナーがしっかりしてらして、私のような優柔不断な者にはまぶしい限りです!
そうなんですね。傷つきたくないとか、正面から話合って解決したりする姿勢が足りないのかもしれません・・・。
どど〜んと、落ち込んでいたのですが少し元気になれそうです。
ありがとうございます。
はちゃぷ
2007/07/26 02:36
ちょうど「メールコミュニケーション」についての記事を書きかけの時に、
この記事を拝見して、非常に共感してしまったため、
筆を取らせて頂きました。

現代、ITとは切っても切れない社会になっています。
そのためメールの利便性だけがピックアップされて、
その陰に隠れているモノに気がつかない怖さがありますよね。
メールは一方通行のコミュニケーションであることが分からない若者。

私も若い頃は、友人との連絡手段は「実家への電話」のみだったので、
はちゃぷさんと同様、いつも電話する前はドキドキ。
ちょっと遅い時間に電話しなきゃいけないときなんかは、
「どうぞ友達が真っ先にでますように」なんて祈りながら(笑)
そう言うときに限って親御様が出られて・・・(;^ω^)
「xxですけど、夜分遅くに済みません。○○さんいますか?」って緊張しながら。
でもそういうので覚えた礼節ってあったんだと思います。

はちゃぷさんが仰っている通り、
その先にはきちんと「人」がいるってこと、教えていきたいですね〜。
adejyo
URL
2007/07/26 07:06
★adejyo さん、コメントありがとうございます。
そして、ようこそお越し下さいました。
とても細かい気配りをされる方なのだと、お見受けしました!
こうして、同じように感じていらっしゃると嬉しいものですね。
自分が「時代」についていけてないのでは?という不安感もありますし、それでもやっぱりこのラインは譲れない・・・・というところが「人」の部分になってしまうのですが。
話は変りますが、電話しながらコードのところを指でグリグリされましたか?
あれがあるのとないのとでも、違いますよね。
また、是非お越しくださいね。
はちゃぷ
2007/07/26 14:36
はちゃぷさん、長いことごぶさたしてます。
はちゃぷさんの感じてらっしゃる違和感、
ごく常識的なことだと思います。
言いたいことを過不足なく
相手に伝え、相手の言葉もちゃんと受け取るという
コミュニケーション能力が生きていくうえでは
とても大切だと思います。
自分がちゃんとできているかどうかは心もとないですが、経験を重ねていけば、磨かれる能力でもあります。なので小さいころからメールに頼っていると、せっかくのコミュニケーション能力を磨く機会が少なくなっているような気がしてしまうんですよね。。。子どものいない私が言うのも僭越かもしれませんが。。。
ブログもまた始めたので、よかったらまた遊びにいらしてください!
ごぶさたしてます!
URL
2007/07/27 20:53
★「ごぶさたしてます!」さん、いえいえ、shinさん、本当にお帰りなさい!!!
そして、早速のshinさん節に感動しました。
「経験を重ねて磨かれる能力」、本当にそうかもしれません。
何度も失敗しながら、いろんな経験を少しづつ積みながら人ときちんとコミュニケーションができるように、まずは自分がしっかりして、それから子供にもしっかり伝えて行きたいです。
ありがとうございます。
はちゃぷ
2007/07/27 21:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今さらながら・・・ de coupures/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる