de coupures

アクセスカウンタ

zoom RSS 私にできること?

<<   作成日時 : 2008/08/06 11:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日、広島原爆投下から63年。

戦争の話は母が、疎開していたのでその話を中心に小さい頃から
聞いていました。
その話さえも、遠い歴史の話を聞いているようだったのに・・・。

娘たちに、語り継がなければと

ふたりのイーダ (児童文学創作シリーズ)
講談社
松谷 みよ子

ユーザレビュー:
歩く椅子が探し続ける ...
幻想作品と平和文学の ...
思い出の本です私が小 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


夏休みに入る頃から少しずつ
この作品を読んでいたのですが、8月6日には間に合いませんでした。
引き続き、少しずつですが読んで行きたいと思っています。

そして今でも苦しまれている、多くの方のことを
少しでも、考えて行かなければと・・・。

でも、実際は何もできていないんです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お子さんに伝えようとする姿勢、素晴らしいと思います。私自身、何もできることがないことに考えさせられました。
本当は、日本だけでなく、世界の人に知ってほしいことなんですよね。この惨状を知らないと、核の抑止力にさえならないわけですから・・・・。
chicory
URL
2008/08/06 23:35
★chicoryさん、本当に世界の人に伝えていかなければなりませんね。
私は、小学生の時にあのドームの前に立って震えがきました。さらにこの「ふたりのイーダ」と「はだしのゲン」を読んで当時を想像して、また震えたり。
様々な本を整理して今日まで来ましたが、この本は捨てられなかった本になってしまったのです。
私自身、経験した訳ではないので間違った伝え方をしているのではないかと、不安になることはありますが、とにかく忘れ去られるようなことがないようにしたいです。
はちゃぷ
2008/08/07 11:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
私にできること? de coupures/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる