de coupures

アクセスカウンタ

zoom RSS ある朝のこと。

<<   作成日時 : 2009/11/06 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

前にも書いたと思いますが、私はアイロンがけがとても苦手です。
そのくせ、Tシャツまでアイロンがかかっていないと気が済まないという
最悪なパターンです。

それで、アイロンは母の部屋にありますが、母が寝てしまった後に
アイロンをかけると、そのアイロンをしまうのは翌日の朝となります。

そしていつもの様に、朝母の部屋に戻しに行きました。
すると、廊下で母が中途半端に手を出しました。

私の左手には小さなアイロン台(殿様が使う枕の様な形状と言えば
伝わりますか?パイプ製の足が付いています)とアイロン、
右手には、大きなアイロン台を持っていました。

母が手を出したのは私の左手に抱えていた「アイロン」のみ。

しかし、アイロン台とアイロンを抱えることでバランスを取っていた私の腕から、
アイロンは母の手へ、
そして、殿様の枕の様な小さなアイロン台は私の足の左小指へ(しかも、パイプの足部分が・・・)。

小指を打つと、あの柱などにぶつけた時の様にどうしようもない痛みがやってきます。
思わず、びよ〜ん、びよ〜んと飛び跳ねてしまうほど・・・。

それが、これから出勤しようという私に起きたのです。

支度を済ませて、駅に向かったのですがあまりの痛さに涙目になってしまいました。

これは、いつものとは違う!
と、感じ会社の近くの外科に行きました。

そこでレントゲンを撮って手当していただきましたが
なんと、骨がかけているではありませんか!
マメみたいな小指の一部で2〜3ミリ程度のものなのですが
それがこんなに痛いなんて・・・。
しかも、その頃は内出血で晴れて、「右も左も親指?」な状態に・・・。

本当はギプスをした方が早く治るそうですが、普通に歩けなくなるということで
湿布していただいて終わりになりました。
全治3週間だそうです。

そして、さらに涙目になったのはお会計の額でした。
医療費って、高い・・・・・・・・・。
小指なのに、小指なのに・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はちゃぷさん、大丈夫ですか!?!?
記事を読んでいて、私も小指が痛くなりそうな気持ちになりました。(^^;;;
骨が欠けるほどの衝撃とは・・・アイロン台が落ちた時の加速度は恐ろしいものですね。
毎日の生活で、歩かずにはいられないと思いますが、どうぞ無理なさらないで下さいね!
一日も早いご回復をお祈りしています。
お大事に!!


tanuki
2009/11/06 21:47
はちゃぷさん!!
大丈夫、じゃないですよね。。。
私の怪我癖がうつったわけでもないですよね。。。
全治3週間。しかも足。不自由されていることと思います。どうぞ、無理せず、お大事にしてくださいね!
anyako
2009/11/08 13:05
はちゃぷさーん! びっくりしましたよー。
私も以前指を剥離骨折したことがありましたが、やっちゃった瞬間は痛くて息が止まりました。はちゃぷさんも、さぞ痛かったことと思います。早くよくなるといいですね。ご不便でしょうけれど、どうぞお大事に。
るば
URL
2009/11/08 20:08
★tanukiさんありがとうございます。
今、帰りの電車が一番の恐怖です。外からは何も分からないので、万が一踏まれたら・・・。
恐怖のあまり、左足を上げる癖がついてしまいました。丁度熱いお風呂に入る時のつま先みたいに。
でもそうしたら右足の股がつってしまって・・・。(><)
あちこちガタきてますわ〜。
ほんと、ご心配おかけして申し訳ありません。ありがとうございます。
はちゃぷ
2009/11/08 21:50
★anyakoさん、ありがとうございます。
そうでした〜。anyakoさんの「怪我癖」をもらってきた様です。(笑)そうであれば、anyakoさんの受験が終わるまでお預かりいたしますので、心おきなく、受験されてきてくださいね。
子供の学校であった大人も参加する運動会のすぐ後の怪我だったので
近場の知り合いに会うと「あれでやったんでしょ〜?」と言われるのだけが、屈辱です!!!(変なところでプライドが・・・)
こんなお忙しいところ、ご心配おかけして申し訳ありませんでした。ありがとうございます。
はちゃぷ
2009/11/08 21:54
★るばさん、ありがとうございます。
驚かせて申し訳ありません。「剥離骨折」という文字だけでも痛そうです。あの黒板ぎ〜っとやられた様な不快感が・・・。
そうなんです。本当に息が止まりました。「ひっ」と。年とっているので、若者の様には参りませんが無理せず直して行こうと思います。
ご心配おかけいたしました。ありがとうございます。
はちゃぷ
2009/11/08 21:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ある朝のこと。 de coupures/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる