de coupures

アクセスカウンタ

zoom RSS 感動しました!

<<   作成日時 : 2006/09/29 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小泉さんじゃないですが・・・。(もはや古いですね。)
J-WAVEのキャンペーンの『100年後に残したい曲』の総集編で
小田和正さんが出ていました。

キャンペーンソングを作られたアンジェラ・アキさんが尊敬する
二人のアーティストと対談、という番組で、
椎名林檎さんと小田和正さんが出演されました。

その中での、小田さんのコメント

『(ご自身の)曲が100年後に残るのはもちろん嬉しいことだけど、
今の時代を(共有している)生きている人に感動してもらいたい』
というような、内容のことをおっしゃっていました。

また、アンジェラさんが作品をたくさん作ることで行き詰まることはないか?
というような質問に対し
そのようなことは良くあると、お答えになった上で
『でも、たとえ同じものを作ったとしても、その時(前に作った時)とは
違う自分が作ったのだから、それは違うものだ』
というような、お答え。

※対談の内容に関しては、私が仕事中に耳だけダンボにして聞いていたこと、
また私というファクターを通しているために正確に表現できていない部分があります。
ご了承ください。

私も、モノを作るという仕事をしていますが
いろいろなものを作っていると、前に自分で作ったものと近くなる、
ということによく当たります。
同じ人間が生み出しているので、そう、変る事はないのですが
確かに、前に作った時とは自分が違っているのです。

本を読んでいても、昔読んだ時とは内容が違って受け取れたり、
音楽も、ある日違って聞こえることがある・・・。

音や、活字の内容は変化しているのではなく、
自分が変化しているのだということ。
なんだか、小田さんの何気ない言葉から、
ズンと響いてきました。

角が取れるという表現がありますが
元々四角だったモノの、角がとれて丸くなるということだとは
思うのですが、
できれば四角に一回り肉がついて丸くなる
(体型は間違いなくその方向に進みますが・・・)
という、そんな変化を目指して行きたいです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
感動しました! de coupures/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる